WordPressのフリーターのためのAsana

私はWordPressのフリーターになるはず じゃなかったけど , 最近 仕事 が与えてくれた 。もしかしてウェブ デベロッパーの勉強する間に 働く 余裕 は 祝福 だかもしれない 。 プロジェクトをうまくいけるようにAsana という ウェブサイトを 使っている。 簡単で無料なのでどうぞ 。

去年の インターンシップで 初めてAsanaについて 聞いたことがあった 。 けど その仕事が終わって たの 携帯のアプリは 使えなくなって しまった 。 Androidの Asanaの アプリで 会社 を 変える 方法は 無さそうです 。 (バージョン 6.21.2 )

それで何ヶ月Asanaのアップリが 使えずままで携帯に入っていた。最近Josh Hrachと言う人の考え深いブログ(英語)を呼んで、フリーターでAsanaを使うな~っと。

だから デスクトップの ウェブサイト をアクセスして , 丸井プロファイルの写真を クリックして 、その他 新しいワークックスペースを 新規作成 が出た:


よかったと思ったけどプレミアムテンプレート の お金はあんまりなかったので , 自分で リスト を 作らないといけない 。

ペーパー&オーツ(「紙とオート麦」、英語)という会社は ダウンロードできるPDFガイド を含めて いる 記事 があります。 ずいぶん前書かれていたけど まだ 使いやすいガイド だね .   けれども私は 大きな ウェブ会社ではないので , 大きなタスクリスト いらない と思った 。 例えば彼らのタスクリスト はの1つはのは顧客へのギフト。

簡単なタスクリストを作るため、見積りや契約で一つずつ段階、すまり 成果物、(英語でdeliverables)が述べられているわけだ。そこから新しい.txtファイルにコピペして。それ全部コピー。

左側の下の方に、プロジェクトを追加 を選んで:

そして空のプロジェクトに。。。

Asana dashboard (Japanese)

。。。名前を付ける。

先作った 新しい 成果物の .txtファイルをすべてコピーした、ね? 今青いバトン、プロジェクトを作成、を押して下さい。次、CTRL+Vでペースト。リストのアイテムが出る:

もし間違ったら、CTRL+BACKSPACEで消してまたやり直すことができる。私が経験で学んだことだ。 (^_^ )

そしてDue date、 「期日 」を付けないと意味ないでしょう?

WordPress Freelancers: Make a Custom Asana Project Task List Using Your Written Proposal or Contract

Well, I wasn’t supposed to become a WordPress freelancer, but that’s what has been available lately. Perhaps it is a blessing and this is actually the pace I should be moving while doing my web developement studies… But to keep things moving smoothly, I’ve been using Asana to keep my projects organized — it’s free and simple!

I was introduced to Asana last year during my internship, but once that gig was over, I just had this useless app on my phone. In the current Android app (ver 6.21.2) there didn’t seem to be any way to change my workspace or organization.

So Asana languished on my phone for a bit, teetering on the brink of uninstallment, when I came across this thoughtful blog post by Josh Hrach, encouraging use of Asana for side projects.

I had to switch to the desktop site to add a new workspace (pictured below). Clicking on my top-right profile photo then clicking “More” and “Create new workspace” did it nicely.

But then when you need a new project task list and you are kinda lacking in the skrilla department for a premium template, you have to make your own. A task in and of itself!

Paper and Oats has a lovely blog post on how to do this, complete with a downloadable PDF task list. The post has aged quite well! But if you don’t need a huge, agency-sized task list (their items included “customer gift”,) you can use any old text list.

You already have a list — your deliverables, or even a paper to-do list! Just open a blank text file and copy-paste all the milestones/deliverables from your client service agreement, project proposal, or project contract. If you don’t have one, forget about Asana; go fill out one of these templates —

http://agreement.superfriend.ly/
https://www.codeinwp.com/blog/web-design-proposal-template/

Once you have the major deliverables listed up, copy everything and Add new project in Asana’s left sidebar, choosing a Blank project template. Name it whatever you want…

Click “Create project”.

Now click the blue “Add task” button and DON’T DO ANYTHING ELSE! Just click Add task, and then use CTRL-V to paste your clipboard contents (or CMD-V). Asana will make your text into separate tasks. Don’t worry if any popups appear, just paste.

If you mess up like I did, just go back and erase with TAB+BACKSPACE keys, or click to delete inside the popup dialog. Then paste again. Press ENTER on your keyboard and CTRL-V again to add more tasks.

But wait — don’t forget to set time goals for each task by adding Due dates. That’s it for a simple Asana project!

Hurricane Lane a no-show, but nice 3-day weekend for coding!

With Hurricane Lane approaching, sitting around eating snacks, I fully intended to work on Python all weekend. So how did I end up coding a wireframe?  After spending a day figuring out how to install Python on my paid hosting server, I began to feel that a Flask web app at this stage in my learning, was like swatting a fly with a tank. I just need a basic, simple project to get going and to start the portfolio ball rolling, so to speak.

So I started searching for how to build a web app. I came across Sketch, then realized it was only for Mac OS. Since I’m not buying a Mac just to run one program, I started searching for alternatives. I found Adobe dx, but it doesn’t run on Win 7 (yes, I am running Win 7, downgraded a new Kabylake
laptop because I cannot STAND Win 10). A bit more searching turned up the lovely Figma web tool.

Wireframing in Figma

Figma is awesome, very easy to use and very fast. But after making a few wireframes, I had no idea how to code them. A search for “how to code a wireframe” brought me to Jesse Showalter’s series, “Design & Code a Responsive Landing Page from Start to Finish”. I thought it best to start from the first video. He pretty much did everything I had just done in Figma, only he used Sketch.

BUT …video number 6 sure escalated things quick!!
6 – Design & Code a Responsive Landing Page from Start to Finish | Setting Up Your Dev Environment

So the next day, I decided to watch it again, paused it, watched it, paused it MANY times to follow along and decipher what he was talking about.

I already had node and npm installed. Jesse uses GitHub but lately I’m trying out GitLab instead. It seems you can use GitHub Desktop with a GitLAB repository; just go to your GitLab project page and select “Create personal access token”, then copy-paste that https URL into GitHub desktop under the Clone tab.

Installing Gulp and Sass was also super-simple, and Jesse has the framework all set up and ready to use so it’s easy to follow along after deleting the previous project-specific code.

Gulp watches things and refreshes your browser for you!

Anyway, here’s the quick page I ended up building by following Jesse’s tutorial up to video number 8. I’ll probably add some JavaScript later and do a few more different pages. He goes really fast and you have to pause occasionally to see the tiny menus/tabs and figure out what folder he is working in, but I HIGHLY recommend the series — just hit pause and take your time!

先週 レーン 台風 が近づいて , おやつ食べることばっかりして 週末中に Python勉強しよう と 決定しました。 しかし、 うちの 勝ってる ドメイン に Pythonを インストール することを1日間 頑張って, 昇進者によってFlask はちょっとやり過ぎ で , もうちょっと基本的な プロジェクトで スタートしますっと 決めた 。
 それで オンライン で ウェブ アプリ の作り方 を探した 。スケッチとやっぱりあるけど MacOSだけ で使える 。 1つのアプリのためだけ Macを買うつもりない ので 、違うやつを探して 、アドベ DX もあった 。けれども Windows 7 の バージョン は無い (Windows10、は 大嫌いので ダウングレード した 新しい ラップトップ を使ってる )。 そして Figma (フィグマ) と言う すばらしい ウェブ サービス 見つかった 。
 
 ワイヤーフレーム のページ を数枚作って、ワイヤーフレームを どうやってコーディングするの か を 調べて , ジェシー・ショワルターという人 のYouTube 「 ランディングページの デザインと コード、 初めから 最後まで 」
 が出た。 最初モビリオから スタートして , 彼は 私が Figmaでやったことすべて できたけど 違うのは スケッチを使っただだ。
 
しかし。。。 6番目のビリオンは 大変難しくなった !
 
 少し休んで 次の日にもう一回見て, 彼が 何用話しいるか わかるように ポーズして , そしてみて , そして 何回も ポーズした。
 
Node と npm はもインストール されてた 。ジェシーさんは githubを使ってるけど 私は最近GitLabを 使っている。 GitHubデスクトップ トゥーソフト を Gitラボ といっしょに 使えることができる。Gitラボ の ページに行って、 “Create personal access token” を選んで そのhttps の URL を GitHubデスクトップ > クローン というタブ の中に コピペ する 。
Gulp (ガルプ)とSass(サース)をインストールするのはすごい簡単で 、ジェシーさんはその ファイルの準備してくれた ので スムーズで フォローすることができる。
 この ベリオシリーズを 8番目 まで 見ながら このページ ができた。あとで時間があればJavaScript など 入れると思う。 ジェシーの レディオ はちょっと 早けどよくポーズして 時間とって 頑張ってみてください 。

Android Studio practice

Challenging if you’ve never used Java before, but still very illuminating for beginners who can keep up. Basically mimic what Bill Butterfield does in every step of his video, Android Studio for Beginners Part 2.

Just by pressing pause and rewind very often, I was able to follow the video and learn a bit more Java. Below are the screen caps from my version. I went with StartPage instead of Google, but other than that they are almost identical.

screenshot of virtual phone simple app with 2 buttons, Android Studio

creating a second activity and a link which spawns a mobile browser
screenshot of virtual phone showing Startpage.com in a browser, Android Studio
Browser opens after clicking Startpage button
     My version of AS (3.1.1) seems a bit newer than the one in the video, which can be confusing sometimes because the screens don’t look the same. 
In Part 3, Bill walks us through ListView and placing images. 
screenshot of virtual phone showing list of grocery items, prices, Android Studio      screenshot of virtual phone showing tomato image, Android Studio
Check out more of Bill Butterfield’s videos here, if you dare.

Android Studio



先週AndroidStudio(アンドロイドスタジオ)3.1.1をダウンロードした。これはアップメーカーのようのソフトをやって見る二回目となった。前はAndromoと言うので少し遊んでいた。Android Studio for
Beginners part 1, (Bill Butterfieldさん)のビデオを見ながらやって見た。インストールのはあんまり問題なかったけど、Eclipseと言うプラグイン見たいないらないものをダウンロードして寄付もしてしまった。笑
ビデオをよくストップして、ドラッグ・ドロップで小さなアップリを作った。

Androidのエミュレータ(AVD=Android Virtual Device、バーチャル携帯電話)をスタートからエラーがいっぱい出たので大変だったけど、すでにJavaの段階に進歩ーすることができた。つづく。。。

screenshot of my desktop Android Studio on Win7

Last week I downloaded Android Studio version 3.1.1. Playing
around with an app builder for the second time ever (I’ve tried a couple of online
app builders such as Andromo) I looked at a video called Android Studio for
Beginners part 1, by Bill Butterfield, on YouTube. Was able to install it with few
issues (except for making a donation to eclipse which turned out to be unnecessary, argh),
then with much pausing of the video, drag/drop the elements of the practice
app. Trying to run the app using an Android virtual device (AVD) was the longest
part so far, it generated so many errors. I’m only halfway through the video!!  Finally after getting the
emulator to work, I’m now working on the part of the video where Bill writes the —
wait for it — actual Java code. To be continued… 

ラムダ スクールの 無料の ミニブーツキャンプ! パート2(Lambda School minibootcamp, Part 2)

ラムダ スクール1週間ちゃんとできて いっぱい勉強になった 。ハワイは本土,つまりカリフォルニアと違ってサマータイムは やってないので、ワークスケジュール は事業とちょっとずれていたので 最後の2週間分あんまり参加しなかったけどよかったです 。ラムダ スクール の授業を味わうすること の最高の方法だと思う。 ラムダの bootcampは 強烈らしなので、自分でコーディング をもっと練習してから 受けるべきで あると思うようになった。 実際にbootcampのために借金したくない思うようになってる。 こんなコースを完成しなくても がっかりしない。 確かに心のどこかので素晴らしいアプリ作ってお金儲けたい気持ちはあるだけど、ちょっと落ち着いて趣味のような見方にする。 バイキングのように、あっちこっちで味わいして楽しもう。 bootcamp受けるかどうか 決めてリスト によって、ラムダの利mini bootcampは本当にいい仕方と思う。宿題は優しくて、細かく作られていて、そして自動的なtesting もあって, GitHubで アップロードする 方法の 勉強もできる。そしてslackチャンネルで 質問を 聞くこともできる事業の ビデオこの下をどうぞ。

Made it through a week of Lambda School, and I learned a ton. It really was fun, even though I couldn’t complete the last two weeks due to Daylight Savings Time in California versus my work schedule on Hawaii Standard Time. It really was an excellent way to get a taste of Lambda School’s boot camp, which seems pretty intense. I think I would have to practice a lot more coding on my own before attempting a boot camp. And actually I am less likely to attempt a boot camp now, mainly because of the expense and debt. I’m definitely no longer going to beat myself up about not completing these different free courses. Admittedly a part of me in the back of my mind is saying, “find a way to make money, try to design a super app!” I’ve decided to calm down, that this is a hobby for now; like nibbling here and there at a buffet just as I please. Lambda’s free mini boot camp is a really awesome resource if you’re trying to decide whether or not to try a bootcamp. The homework assignments are very lovingly crafted, complete with automated testing, and you can learn how to upload via GitHub. They have a Slack channel for asking questions and posting notices. You can try out their YouTube videos below. (Links open in new window)
Lesson 1 Git and GitHubStreamed live on Mar 5, 2018
Lesson 2 – HTML and CSS – March ’18 Lambda School Mini Bootcamp
Lesson 3 – Intermediate CSS – March ’18 Lambda School Mini Bootcamp
Lesson 4 – Introduction to Javascript – March ’18 Lambda School MiniBootcamp 
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 5
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 6
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 7
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 8
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 9
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 10
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 11
Web Development Mini-Bootcamp Lesson 12

ラムダ スクールの 無料の ミニブーツキャンプ!(Lambda School minibootcamp)

今日の勉強は, ラムダ スクール の 無料の 3週間ミニブーツキャンプ のLesson1 だった 。 (λ =ギリシャ語の字、ラムダと言う発音だ。)
全部 英語だったので, 楽だった .  
とりあえず みんなは 持っていなければ 新しい GitHub のアカウントを 作って Git for Windows をダウンロードしたことです . (マック、リナックス:https://git-scm.com/download) 
 面白いポイントは Gitが ライナス °  トーバルズさん がクリエイトした もんだ 。 (日本語字幕 TEDの インタビュー )
 次はGitHubで 「フォーク」を する作業学びました 。 フォークというアイコンを クリックして 、Git クローン  のリンクを 「Git bash」 のターミナル の中でコピペ とが できた 。

今日学んだコマンド:
  • cd foldername
  • mkdir newfoldername
  • touch newfilename
  • rm filename
  • git clone
  • git status
  • git add filename
  • git commit -m (commit with inline message. this save the changes in the history of this repo.)
  • git push
  • clear
  • exit (logout)
 このYouTubeのビデオで Gitについて いっぱい学んだことができた。ちょっと長かったけど 。
TKizawaさん)
明日はHMTLとCSS,楽しみにしている。。。
Lambda School free minibootcamp! 3-week class https://lambdaschool.com/
All in English.

First, everyone who hadn’t already done so created a new GitHub account. Then we downloaded Git from gitforwindows.org / https://git-scm.com

interestingly, Git was created by Linus Torvalds (which I had heard during his 2016 TED interview (JP subtitles available): https://www.ted.com/talks/linus_torvalds_the_mind_behind_linux )

Learning how to “fork” came next. By clicking fork icon, then get clone, and copying the clone URL to clipboard.
Next in GitBash, cd into the place where you want the newly cloned repository to be placed. At the prompt, we type “git clone” and paste the link, then Enter.

Inside the folder containing the repo, use the ‘git status’ command, which compares the original to your new fork. Git is constantly watching this folder for any changes.

The commands we learned today:
cd foldername
mkdir newfoldername
touch newfilename
rm filename
git clone
git status
git add filename
git commit -m (commit with inline message. This saves the changes in the history of this repo.)
git push
clear
exit (logout)

Looking forward to tomorrow — HTML and CSS!

Google音声入力(voice input) で句読文字(punctuation marks)ができないけど。。。

This time I’m posting in English because I think this will only be useful for Japanese-as-a-second-language folks. So I often use the Google app for drafting texts/email by voice in Japanese. This is because I’m much better at speaking than writing in Japanese. But Google doesn’t have any speech punctuation like it does in English. For example, if Ⅰ’m dictating a text message in English and I’m ending an interrogative sentence I say, “question mark” and the correct punctuation appears. But in Japanese, if I say “hatena” into the microphone, Google prints the word, 「はてな」which is really annoying. So I usually dictate the entire message and then go back and hunt through it to add the missing brackets, commas, periods, and question marks.
I found this lovely blog post (http://nakamahalog.com) which explains how to use the Swype app as an ok workaround. 

Swype keyboard with Star Trek skin. The microphone icon is a communicator.

BUT Swype wants a lot of permissions. I just switched off everything except Microphone. And I keep rotating my default keyboard in Settings, because they are basically tricky little keyloggers in my humble opinion.

The other problem was, I was saying the wrong words like “chon” for a period. nakamahalog also provides this handy chart of what to call all the punctuation marks when using Swype (and probably Google, whenever they get around to this functionality). I took the liberty of adding the yomikata below:

 [ 大かっこ開く dai kakko hiraku  ] 大かっこ閉じる dai kakko tojiru
 ‘ アポストロフィー aposutorofī  ◯ まる maru
 ▲ 黒さんかく kuro sankaku  : コロン  koron
 , コンマ  konma  – ダッシュ  dasshu
 ! 感嘆符/ビックリマーク/ kantan fu / bikkuri māku
エクスクラメーション・マーク ekusukuramēshon māku
 – ハイフン  haifun
. ピリオド/ドット piriodo / dotto  ? 疑問符/はてな gimon fu / hatena
 ” ダブルクオーテーション daburu kuōtēshon  ” ダブルクオーテーション閉じる daburu kuōtēshon tojiru
 ‘ クオーテーション kuōtēshon  ‘ クオーテーション閉じる kuōtēshon tojiru
 ; セミコロン semi koron  & アンド/アンパサンド ando / anpasando
 * アステリスク asuterisuku  @ アットマーク atto māku
 / スラッシュ surasshu  ^ キャレット kyaretto
 ・ 中黒 chū kuro  ° 度記号 do kigō
# シャープ shāpu  % パーセント pāsento
 _ アンダーバー/アンダースコア andābā / andāsukoa  | パイプ paipu
 $ ドル記号 doru kigō  ¢ セント記号 sento kigō
 £ ポンド記号 pondo kigō  € ユーロサイン yūro sain
 ¥ 円記号 en kigō  🙁 しかめっ面 shikamettsura
 🙂 スマイリー sumairī   😉 ウインク uinku
 ® 登録商標 tōroku shōhyō  > 大なり dai nari
 < 小なり  ko nari   – マイナス/引く mainasu / hiku
 x かける kakeru  + プラス/足す purasu / tasu
 ÷ わる waru  = イコール ikōru

Pythonプログラミングのような地形Udemy.com で

(Adapted from the original English post at https://studiozandra.com/tech-tangent-python-on-linux-here-we-go/ )
子供の時に 本 いっぱい読んで 将来に学科になるつもりだった。 高校に入ると 美術 にしたけど、 まだ掌篇小説(しょうへんしょうせつ)や詩を書いていた。 いろんな興味がいっぱいありすぎて しまった!
テクノロジーについてを読むのが大好き。 最近 Python というプログラミング 言語 を学ぼうとしてる。 ブートキャンプのような地形は 高すぎて できないので オンラインをコースを受けている。Udemy.com で “Complete Python Bootcamp: Go from Zero to Hero in Python” と言うコース 9.99ドル 登録 することができた。
Udemy パイソン コース

本気でやらないと思ってしまって Windows じゃなくて Linux でやろう とした。 それで一番最初の 段階で 困った。 このコースの中で ジュピター ノートブック(Jupyter Notebooks) という Web サービスを よく使うので、 インストールしないといけなかった。 アナコンダ というツール を使って、 ジュピターと Python 両方で インストールできて便利です。 そして Jupyter.org に行って ファイルをダウンロードして ダブルクリックした。 けどこういう赤い色のエラーが出てしまった。

問題は Linux ちゃんは text editor  でそのファイルを開こうとしてた。 ウェブ検索してから スタック エクスチェンジ stackexchange で正しい 仕方 を学んだ。

.sh ファイルを ターミナル(terminal)の中 そのダウンロードした ダイレクトリー に行って  chmod のコマンド をしないといけない。

それが終わってから 新しいターミナルを開いてjupyter notebook を書くと、 ブラウザタブが 自動的に 出て 自分の全部の ローカルフォルダ 見るようになった。

Python でコマンドを書いて Shift+Enter 起こしてすぐ ラン ができる。

もう一度日本語でブログ

ちょっと年取ったり違う国に住んだり 違う仕事を している状態になってるけど まだ 日本語 で遊んでいる。 今ハワイに住んでるので 日本語を使う経験 は すごい 増やした。 話すのはあまり問題ないけど帰ったり読んだりするのがまだ難しいです ので もうちょっと練習しなきゃいけない と思った。 日本語の辞典 ウェブサイトとアプリ。。。

http://ejje.weblio.jp/

http://takoboto.jp/
https://www.facebook.com/pages/Takoboto/257922567700189

。。。を 使って これから 書きます!